龍谷大学政策学部 石原凌河研究室

 龍谷大学政策学部石原凌河研究室(地域レジリエンス研究室)では、<繋ぐ・深まる防災教育>をコンセプトに、全国各地の様々な地域での防災教育に関する理論的かつ実践的な取り組みを積極的に展開している。

 徳島県阿南市では南海トラフ地震や頻発する風水害・土砂災害の被害が懸念されている。その中で阿南市をフィールドで私たち大学生による防災教育出前授業を実施することで、阿南市の児童及び家族や地域の人々など多様の人々を防災教育で〈繋ぐ〉ことで地域の防災力の向上を目指す。

 そして、大学生が一方的に防災の知識を押し付けるのではなく、児童が興味を持つ「タイムカプセル」や児童が運営役や避難者誘導役になりきり、主体的に避難所運営を実施する「リアル避難所運営ゲーム」などを用いたユーモアのある防災教育出前授業を展開することで児童に防災教育を楽しんでもらいながら知識が〈深まる〉ことが私たちの授業の狙いである。

関連記事

  1. 山梨県立青洲高等学校 商業科

  2. 大阪市立白鷺中学校

  3. 兵庫県立山崎高等学校

  4. 神戸国際大学防災救命クラブ(DPLS)

  5. ジュニア防災リーダークラブ(中学生)

  6. 尾道市立久保中学校