陸前高田市立高田第一中学校

 3年間の防災学習のまとめとしてテーマを「CHANGE~わが町の新たな光を求めて~」と設定し、震災の教訓の継承とダイバーシティの視点から防災について考え、住み続けられる町作りについて提案した。震災の教訓やわが町の宝について継承する担い手として、生徒が主体的に活動し発信できたこと。年齢・障害の有無・文化の違いを超えて安心・安全に生活するためには、相互理解、日頃のコミュニケーションの大切さに気付いたこと。また、命を守る為には自助・共助のあり方について地域全体で考えることが大切であることに気付くなど、活動や視点に広がりがみられた事などが成果である。本校独自の防災学習ノート「まもるくんノート」を活用し、3年間の復興防災学習を進めてきたが、3年間生徒がこの町をより大切に思い、自分達に出来ることで町の力になろうと思い活動できたことや、いつも楽しみながら80人全員で活動できたことが何よりもの成果である。

関連記事

  1. 大阪防災プロジェクト

  2. 毎日新聞社大阪本社編集局長 鯨岡 秀紀

  3. 神戸学院大学 防災女子

  4. 神戸国際大学防災救命クラブ(DPLS)

  5. 成田ジュニア・ストリングオーケストラ

  6. 大阪府立生野支援学校