千葉県立東金特別支援学校

平成23年の防災チャレンジプランをきっかけとした防災活動を継続していくために、地域と共に活動を行い、地域の防災力を高めることを目的に活動を行っている。また、東日本大震災で現地へボランティア活動に行った際に防災を「あたりまえ」にすることの大切さを学び、「あたりまえ防災隊」を結成した。現在も校内外で児童生徒主体の防災活動に取り組んでいる。  今年度は感染症対策から、目的の中心である地域と連携して防災力を高めるための関わりの代わりに、毎月防災隊通信を発行したり、防災隊が中心となってコロナ禍での「あたりまえ防災動画」を撮影し、HPにアップしたりして、地域を含め広く防災の意識を高めることを周知できた。また、防災隊通信を各家庭への配布や「あたりまえ防災動画」を全校集会での披露、防災隊による校内の安全点検実施を行うことにより、校内の児童生徒の防災への意識についても、より「あたりまえ」になってきている。

関連記事

  1. 阿南市立津乃峰小学校

  2. 神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科 安富ゼミナール

  3. 大阪府立堺工科高等学校 定時制の課程

  4. 千葉県立東金特別支援学校

  5. 気仙沼市立階上中学校

  6. 35 117KOBEぼうさい委員会

    117KOBEぼうさい委員会