和歌山県立熊野高等学校 Kumanoサポーターズリーダー

 『地域に根ざし、地域に貢献する高校生リーダー』をモットーに10年前から防災学習をテーマに活動を継続している。

 平成23年台風12号による「紀伊半島大水害」では、死者56名・行方不明者5名という甚大な被害に合い、当時3年生だった仲間が裏山の深層崩壊により、亡くなった。

 毎年9月3日には全校生徒で黙とうを行っている。
 仲間の死を無駄にしないために、この災害の教訓を生かそうと活動を始め、地域の高齢者・障がい者など災害時要援護者となりうる人々と普段から積極的に触れ合い絆作りを行っている。

 また人口減少や過疎化・空き家問題など地域の課題解決策を見出すため、行政や社会福祉協議会・消防署と連携し、情報共有を行っている。

 毎年行われる上富田町との合同防災訓練では、全校生徒が主体的に取り組んでいる。
 

関連記事

  1. 関西大学社会安全学部近藤誠司研究室

  2. 09 関西大学社会安全学部 近藤誠司研究室

    関西大学社会安全学部 近藤誠司研究室

  3. 気仙沼市立階上中学校

  4. 上尾市立今泉小学校

  5. こどもプロジェクト1・2・3

  6. 大阪府立豊中支援学校