兵庫県立和田山特別支援学校

 コロナ前から積み上げてきた防災のノウハウやしくみを活用しながら、コロナに対応してきた。

 本校独自の「新型コロナウイルス感染症ガイドライン」を策定し、対策を続けている。基本的な感染症対策と時や場所を分散するなどの工夫を行い、ウイズ・コロナを意識した教育活動を行っている。

 コロナを契機に防災教育や防災体制についても見直しを行った。
 避難訓練等を見直し、地域に働きかける「はるかのひまわりプロジェクト」の実施、教科等横断的な「授業」を中心とした防災教育の推進、保護者や地域と連携した防災体験プログラムの実施、福祉避難所開設について保護者による市町への働きかけ等に取り組んだ。

 本校の防災教育は子どもたちが自らの命を守れるようにするだけでなく、子どもたちを支える大人や地域の学びや変容もねらい取り組みを進めている。教育活動をする中で、カリキュラム・マネジメントや災害後の心のケア等、視点の広がりを持つことができた。

関連記事

  1. 41 兵庫県西宮市立学文中学校

    兵庫県西宮市立学文中学校

  2. 兵庫県立明石南高等学校・めいなん防災ジュニアリーダーMRDP

  3. 千葉県立東金特別支援学校

  4. 阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター長 河田 惠昭

  5. 和歌山県立熊野高等学校 Kumanoサポーターズリーダー部

  6. 44 神戸市立玉津第二幼稚園

    神戸市立玉津第二幼稚園