関西大学 社会安全学部 近藤誠司研究室

 わたしたちは、文字通り「毎日」、防災情報を発信している。取り組みの独自性は、ローカルメディアを駆使して、地域の実情に即した伝え方を考究し続けていること。たとえば、福井市の限界集落では、手作りの「かわら版」を毎月配布し、高齢者と土砂災害の警戒にあたっている。兵庫県尼崎市では、コミュニティFMラジオで、防災と福祉、ダイバーシティの問題に向き合っている。また、福島県西郷村では、村の公式YouTubeチャンネルで防災動画を配信するプロジェクトを始動させた。さらに、京都府京丹波町では、ケーブルテレビを活用して、“火の用心”を住民参加型のCMで啓発するキャンペーンを5年以上も継続して行っている。放送は、毎日6回。CMに出演した住民はのべ2,000人を越え、この秋、記念番組を制作する。コロナ禍にあって、活動は深化し、情報発信量は倍増した。そしてもちろん今も成長を続けている。

関連記事

  1. 北海道標津高等学校 生徒会

  2. 24 岡山大学教育学部・酒向研究室

    岡山大学教育学部・酒向研究室

  3. 阿南市立橘小学校

  4. 別府シールド

  5. 河田センター長

    阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター長 河田 惠昭

  6. 徳島県立池田高等学校定時制課程・「池定・地域まもり隊」