神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科 安富ゼミナール

私たちは、皆さんのお話を録音し、話し言葉もそのまま文字に書き起こすということをした。当地区では犠牲者を1人出してしまったが、当地区の犠牲者がなぜ1人だったのかを調査した。

  その結果、現代社会において不足している地域間、隣人との交流を日頃から深めておくことが大切であると知ることができた。当地区では、交流を深めるために地域でイベントを催したり、災害時の対策について話し合う場を設けている。その他にも、各家庭に行政防災無線を設置するなどの防災を行なっている。  今回学んだことを私たちが伝聞していき、この先の災害で被害が出ないように努めていく。

関連記事

  1. 大阪府立豊中支援学校

  2. 徳島県立みなと高等学園

  3. 河田センター長

    阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター長 河田 惠昭

  4. 島根県立益田高等学校 理数科

  5. 34 中部大学ボランティア・NPOセンター 災害対策プロジェクト

    中部大学ボランティア・NPOセンター 災害対策プロジェクト

  6. 兵庫県立豊岡総合高等学校インターアクトクラブ