新潟市立白山小学校

 新潟地震で大きな被害を受けた地域にある本校は,5学年で「防災」を探究課題に総合学習を行っている。今年度は,子どもの自主性や社会参画する力を育むために,①防災まち歩き②ミニ防災会議③安心マップ作成④商店街減災プロジェクト⑤白山幸せプロジェクトの場を設定した。校区のコミュニティ協議会や商店街の方々と,年間通した70時間の大単元で展開している。協力者として,新潟市危機管理防災局や新潟市歴史博物館,まちづくりデザイナーの方々も加わっている。子どもは地域の方々と一緒に学習することで,新潟地震の体験談から具体的に避難行動や対策を考えることができた。また,防災会議のように大人と子どもみんなで話し合うことが減災につながると考え,もっと多くの人たちに減災について考えるきっかけをつくりたいという思いを抱いた。そこで,現在は週末に来訪者が1000人を超える上古町商店街を舞台に,減災プロジェクトを展開している。

関連記事

  1. 福島県立福島西高等学校 家庭クラブ

  2. 和歌山県立熊野高等学校 Kumanoサポーターズリーダー部

  3. 兵庫県立明石南高等学校・めいなん防災ジュニアリーダーMRDP

  4. 14 和歌山県田辺市立新庄中学校

    和歌山県田辺市立新庄中学校

  5. 河田センター長

    阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター長 河田 惠昭

  6. 13 四万十町立興津中学校

    四万十町立興津中学校